日本ハオルシア協会

こちらの掲示板は協会のご案内やお知らせ、会員及び一般の方の交流の場としてご利用ください。
ハオルシアの種名、分類等に関する質問については会員限定とします。

投稿は承認後に公開されます。
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

品名を教えて下さい。 - のりこ

2017/05/06 (Sat) 20:06:17

ハオルチア初心者で、ここに投稿して失礼なのかもしれませんが画像の品名を教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Re: 品名を教えて下さい。 のりこ

2017/05/06 (Sat) 20:09:54

先ほどは画像添付せず失礼しました。
画像添付します!

Re: 品名を教えて下さい。 - ハオルシア協会Web担当

2017/05/09 (Tue) 12:26:40

後日担当者よりご返答致しますのでもうしばらくお待ちくださいませ。

Re: 品名を教えて下さい。 - DMH

2017/05/15 (Mon) 13:41:59

この植物ですが、写真からは2つの可能性が考えられます。

① 最も可能性の高いのは、葉型から見てシンビフォルミス系の交配雑種です。シンビフォルミス系の種(おおむね幅広葉)に、葉先に窓があり、葉辺に多少鋸歯のあるオブツーサ系の種(またはその雑種)をかけたものと思われます。
入手先がホームセンターなどの園芸売り場か、花屋さんなどの店頭ならその可能性が高いでしょう。そこではサボテン業者が交配の選抜くずを無名、または適当な名前で安く売っていることがあります。
これらの中には育てていくとかなり良いもの(観賞価値の高いもの)になる可能性もありますが、基本的に選抜くずですから、あまり期待しない方が良いです。
また聞いたことがない名前がついている場合も、業者が売るために片端から適当な名前で売り出している場合が多いですから、名前がついているからと言って信用せずに、自分が見て気に入ったものを選んで買うことが大事です。
もちろん自分が気に入っていれば、名前や名前の有無にかかわらず、かわいがってあげてください。

② もしこの植物が輸入株(またはその繁殖品)なら、H. etrangei nom. nud. (Calitzdorp, IB 11690など。写真参照)の幅広葉個体という可能性もあります。ただこの種は園芸的な評価はとにかく、非常な希種ですからそれがホームセンターの園芸売り場などで売られていることは考えにくいです。あるいはこの仲間の近縁種の可能性もありますが、いずれもかなりの希種ですから可能性は低いでしょう。
この仲間はH. inconfluens の系統で、Baviaanskloofの小型種 (H. pusillaなど) から次第に大型化して西方に分布を移し、 H. inconfluens から最後はH. lockwoodii となっています。

なお今後品種名などの同定(名前の確認)をご希望の場合には、同定の資料として次のデータを写真と一緒にお送りください。わかっている範囲で結構です。
① 入手時期(年) おおよそでよいです。
② 入手先(ホームセンターや花屋の店頭、あるいは趣味家の会合・セリ会、ネット経由、等)③ 入手地域(②の入手先やネット販売者の所在地。関東、関西等でよいです。)
④ 入手時についていたラベルなどの名前、その他の参考データ。

Re: Re: 品名を教えて下さい。 のりこ

2017/06/04 (Sun) 15:09:46

お返事ありがとうございました!
近所のホームセンターで買ったものなので、①の交配雑種ですね。
色々詳しく教えてくださり、感謝しています!!
ありがとうございました!

ハルオシアの交配について - O様(管理人により伏せました)

2017/05/23 (Tue) 11:16:05

早速ですが表題の件にチャレンジしようかなと思いましたが、
(オプツーサ、玉扇、万象、ピクターなど)
基本的なことが理解できていません。
①『交配』を行うには、開花時期の合う『母木』『父木』が必 要だそうですが
 手持ちの苗が母木なのか父木なのか不明です開花した時に
 見分ける方法があるのでしょうか?
 それとも1の苗で1本の数輪の花目のなかで人口受粉させるの でしょうか(多少の自家菜園はしております例えば:ズッ  キーニは1本の苗に雌しべ、雄しべの花が咲き私が受粉してい ます。キイウイはオス、メス2本の木が必要、リンゴ、ナシも 2本必要)この程度レベルの知識です。
 以上宜しくお願いします。

Re: ハルオシアの交配について - ハオルシア協会Web担当

2017/05/24 (Wed) 13:56:38

ご質問ありがとうございます。

まず、「母木」「父木」という言い方ですが、ハオルシアは雌雄異株でもなく、
雄花と雌花が咲く植物でもありません。
交配する2株のうちどちらを「母木」=雌蕊を利用して種を付けさせる方、
「父木」=雄蕊(花粉)を利用する方、という区別で母と父という呼び方
または「種親」「花粉親」など、人によって呼び方も違います。

ですので開花して見分ける、という概念はありません、交配する人がどちらに
種を付けさせるか、どちらの花粉を使うかで母木と父木が決まります。

また、ハオルシアは自家不和合性(同じ個体の花では受精しない)
ですので、同じ個体から出ている花茎に付いている花同士では
基本的には種が採れません。


同クローン(同じ親から子吹きなどで殖やされた遺伝情報を同じくする
同種)間でも受精しませんので、交配したい場合は違う2株が必要と
なります。

関西でイベントありますか。 鎌江裕

2017/05/06 (Sat) 13:38:40

私は、京都に住んでいるのですが、ハオルチア協会の加盟店もしくは、イベント計画がありましたらご教示ください。
まったくの素人ですみません。

Re: 関西でイベントありますか。 - ハオルシア協会Web担当

2017/05/09 (Tue) 12:25:42

関西方面のイベントですと、ハオルシアが比較的多く出品されるのは京都シャボテンクラブの日本シャボテン大会(通称・京都大会)かと思われます。

京都シャボテンクラブのホームページで行事予定が確認できますのでご参照ください。
http://kyotocactus.syuriken.jp/


京都周辺でハオルシアの取扱のある店舗(業者)は以下等がございます。(50音順)

廣仙園 滋賀県長浜市
奈良多肉植物研究会 奈良県奈良市
芳明園 大阪府柏原市
山城愛仙園 大阪府豊中市

詳細は各業者のホームページでご確認ください。

セリ会について - sugi

2017/04/23 (Sun) 18:04:49

今日、ハオルシアフェスタ2017にて、セリで2鉢セリ落としました。アンコの発句について一言言わせて下さい、通常発句は3/1(展示価格、売店の販売価格)が常識ですが、ハオルシアの初心者の私はアンコ発句を信じ展示販売価格2万円の品を25000円で落としました、楽しい一日が後味の悪い一日に終ったのです、アンコのレベルが低すぎます、初心者をもう少し大事に参加させて下さい

Re: セリ会について - DMH

2017/05/01 (Mon) 02:21:26

お問い合わせの件ですが、不愉快な思いをさせてしまい申し訳ありませんでした。
通常このような扱いはないのですが、特例として返金処理とさせていただきます。投稿欄に返金先の銀行と口座番号、お名前を投稿してお知らせください。公開せずに返金したします。落札された植物は協会あてに送料受取人払いでお送りください。送り先は掲示板管理人よりお知らせします。

 なお、今後のためにセリのシステムについて改めてご説明します。
 セリはセリに出された商品を購入希望者が価格を競り合い(入札し)、最高価格を付けた人が購入(落札)するシステムです。
 商品の現物をその場で見て入札する場合や電話やネットで入札する場合もありますが、おおむね最低入札価格(発句、開始価格)が決まっていて、それ以下の価格では落札できません。最低入札価格は主催者や司会者(アンコ)が決めますが、その価格決定に特段の決まりはありません。発句は展示価格、売店の販売価格の1/3が常識とおっしゃっていますが、他の分野でそのような常識があるとしても、サボテン・多肉植物の世界ではそのような常識はありませんので、ご留意ください。
 アンコはその分野の商品の価格について詳しい人に依頼しますが、それでもすべての商品について適正価格を把握しているわけではありません。時には発句が高すぎて誰も声をかけない(入札しない)ということがあり、発句を下げてやり直しということもしばしばあります。
 またアンコや主催者が出品された商品について、それが売店でいくらで売られていたかを把握しているわけでも、出品者に申告させているわけでもありませんので、売店の販売価格を引き合いにアンコのレベル云々を言われるのは酷な話です。この件の場合、発句がいくらだったかは把握していませんが、アンコがその商品の売店価格が2万円だということを知っていれば、発句を2万円とすることはないと思いますので、おそらくアンコは売店価格を知らなかったのだと思います。
 どのセリ会でも全く同じですが、出品された商品についてはそれが過去にどこでいくらで売られていたかということ、あるいは相場価格と、落札価格とには何の関係もありません。過去の価格や相場より大幅に高いこともあり、反対に大幅に安いということもあります。それがセリというシステムの基本的性格です。アンコの発句はあくまで参考価格で、最後はご自分の判断になります。落札してから相場より高いとか、売店価格より高いとか言っても、通常はまず受け付けてもらえませんのでご注意ください。

種子からの発芽その後の管理について - (お名前は管理人により伏せました)

2017/04/20 (Thu) 11:22:18

初めて万象、玉扇を種子から発芽させ2~3ケ月経過しました。
ネットなどで栽培方法は調べて、ある程度の情報はありますが。今後の管理に不安があり解らない事が多々あります。
今後の管理をご教授して頂ければ幸いです。
①苗は3~5mm程度でコシ水状態で1日1回上からミストを実施しカーテン越しに日光が当たる環境です。容器に蓋はしていません。修正するところはありますか?
②観葉植物の液体肥料とか緩効性化成肥料等は与えてもよいのでしょうか?
③培養土はバミューラライトと芝用土2種類で実験中。
④根腐れ細菌が心配されるのでカビキラーとキッチン用の除菌をスプレーしても良いのでしょうか?
⑤ごれから我が家では30°~35°になります。夏を越すには?
⑥苗が細く倒れそうなので根本に土寄せをしていますが可、否どちらでしょうか?
以上宜しくお願いします。

Re: 種子からの発芽その後の管理について - DMH

2017/05/01 (Mon) 01:06:54

返事が遅くなってすいません。本の原稿書きに追われていて、時間が取れませんでした。

お問い合わせの件ですが、

①私の場合、発芽が終わったら腰水を止めて通常の管理にしています。と言っても湿度を保つために鉢をフラワーキャップなどのプラスチック製の容器に入れるか、実生専用の棚を作って棚全体をビニールトンネルで覆うようにしています。
小規模(3~4鉢程度)なら1鉢ごとにフラワーキャップにいれるか、プラスチックの板を小さく切って鉢に載せるなどします。それ以上の鉢数なら大きめの四角いフラワーキャップがありますから、底にフェルトなど湿度を保てるものを敷いてそこに入れます。フェルトは常に湿っている状態に保ちます。
 鉢に蓋をかぶせたり、フラワーキャップにいれる場合は中の温度が上がりすぎないよう、温度管理には十分注意してください。
 ずれにしろ、これから気温が上がりますから、腰水のママですと立ち枯れ病などの発生が心配です。これらの病気は一度発生すると薬を使ってもなかなか進行(蔓延)を食い止められませんから、発生させないよう、過湿にしないことです。

②③ バーミキュライトですと肥料気が全くありませんから、薄い液体肥料を月1回くらいか緩効性化成肥料をやる必要があります。芝用土が赤土なら多少は肥料分がありますから半年くらいはそのままでも大丈夫です。肥料はある意味劇薬ですから、やり方には注意してください。

④ カビキラーもキッチンハイターも実生苗に使ったことはありません。病菌の繁殖防止用なら、ヴィトロプランツのms Vip cool という防菌剤がお勧めです。これを規定濃度に薄めて潅水代わりにやると各種病菌の繁殖を相当防止できます。ネットで簡単に買えます。

⑤⑥ 実生苗でも45℃くらいまで平気です。気温より病菌の繁殖に気を付けてください。
倒れると病菌に感染する確率が上がりますから、赤玉土の細かいもの(細粒、1~2mm)にトップジンMなどの浸透性殺菌剤を混ぜたものでかるく土寄せしてください。深植えになると腐りやすいですから、土をかぶせすぎないことです。
 また苗を太く丈夫に育てるには日射を強めにすることです。日焼けに注意しながら少し赤く色がつく程度まで遮光を弱めてください。肌が白くなったら日焼けですから、そうならないように遮光を調整してください。

 なお、植え替えは2年間はしないで大丈夫です。追肥や置き肥えで対応できます。実生で失敗するのはたいてい植え替え後に病気が出て全滅させた、という場合が多いです。2年もたつと苗もかなり大きくなって抵抗力がつきますから、全滅する可能性は低くなります。小苗の内は多少徒長しても問題ありませんし、むしろその方が早く大きくなります。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.