日本ハオルシア協会

こちらの掲示板は協会のご案内やお知らせ、会員及び一般の方の交流の場としてご利用ください。
ハオルシアの種名、分類等に関する質問については会員限定とします。

投稿は承認後に公開されます。
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

ハオルチアの自家受粉 - アル

2018/04/08 (Sun) 15:21:18

ハオルチアは自家不和合性であるが自家受粉する品種もある、可能性はゼロじゃないなど見たのですが、どのような品種が該当するのでしょうか?
また、自家受粉して種が出来た場合、種同士の交配は普通に行えるのでしょうか?それとも可能性が低くなるのでしょうか?

Re: ハオルチアの自家受粉 - DMH

2018/04/09 (Mon) 12:27:20

確かに同じ個体の繁殖品同士でもまれに受精し、種が取れます。ただし子房(サヤ)は小さく、ほんの数粒しか種が入っていないことが多いです。
この種に発芽能力があるかどうかは確認していません。(他の普通にとれた種と一緒に蒔いてしまうため)
また品種によっては何時も自家受精するものもあります。(たとえばH. smittii、H. albida f. nudia)
さらに、いつもは自家受精しないのに、ある年だけ自家受精するという場合もかなりあります。
上記2例では自家受精して取れた種子は発芽して普通に育ちます。それら同士で交配できるかは確認していませんが、おそらく可能だと見ています。受精確率は推測ですが、おそらく通常と同じです。

Re: ハオルチアの自家受粉 - アル

2018/04/09 (Mon) 16:38:47

返信ありがとうございます。
家に花のなっているものが一つしか無いので試してみたいと思います。

糊斑について - ハオルチア 初心者

2018/03/27 (Tue) 21:07:37

こんばんは、今家にあるハオルチアオブスタ?が白斑だったのですが、新葉が黄色く恐らく糊斑なのかな?と思いますが、糊斑は普通の斑と違いちゃんと成長するのでしょうか?

Re: 糊斑について - DMH

2018/04/09 (Mon) 12:14:02

糊斑は周辺斑とも言い、表皮の第1層、2層に葉緑素がなく、第3層(動物の真皮に相当)にのみあるものです(表皮は通常3層)。
通常の斑でも糊斑でも、どこかに葉緑素があれば成長します。丈夫な品種では生長点付近の新しい葉にわずかに葉緑があり、葉が成長するにつれ、完全に葉緑がなくなる品種もありますが、この場合も生長点付近の薄い色の葉緑素だけで成長します。
ただしいずれの場合も葉緑素が少なければ少ないだけ弱くなり、成長も遅くなります。

ブラックオブツーサ錦 - ハオルチア 初心者

2018/03/19 (Mon) 00:27:24

最近ブラックオブツーサ錦が欲しくて色々見ているのですが、某オークションで
ブラックオブツーサ 斑
と言うのが落札されていて、濃い緑に黄緑色の斑?が入ったものなんですが、あれはブラックオブツーサ錦なのでしょうか?
今までに見たことのないものでしたので、質問させて頂きました。

Re: ブラックオブツーサ錦 - DMH

2018/03/22 (Thu) 00:24:54

オブツーサ(obtusa)という名はラテン語(学名)なので、園芸品種や園芸グループ名としては使えません(国際栽培植物命名規約)。H. obtuseという種の個体全体を指す用語としてはObtusaとして使えますが、その中の特定の形態の個体やグループを指す場合には使えませんので、代わりに園芸用語としてオブト(Obto)という用語が指定されています。
 したがってブラックオブツーサはブラックオブトが正しい表記です。オブツーサ錦もオブト錦と表記するのが正しいです。

 さて質問内容からするとお尋ねのブラックオブツーサ錦というものはおそらく正名「黒肌オブト錦」のことだろうと思います。この品種は尖頭型の葉先で、茶色がかった暗緑色葉に赤~オレンジ色の斑が入るものです。葉全体の透明感が強いので非常にきれいな品種です。
 これを培養してできた変異個体が山田ブラック錦で、全体に色素が薄くなり、葉色はあまり黒くない緑で、斑も赤斑ではなく黄斑になっています。お尋ねの“ブラックオブツーサ錦”というのはこれである可能性が高いと思われます。
 単に“ブラックオブツーサ錦”としてヤフオクなどに出品されているものは黒肌オブト錦と山田ブラック錦が混同されている場合が多いのですが、赤斑=黒肌オブト錦、黄斑=山田ブラック錦として区別すると良いでしょう。

 なお、黒肌オブト錦の培養変異にはさらに色素が薄くなって白斑~ピンク斑になったものがあり、桃色烏(ももいろからす)と命名されています。数は極めて少ないですが、これも非常にきれいです。

Re: ブラックオブツーサ錦  追加 - DMH

2018/03/22 (Thu) 00:55:45

黒肌オブト錦や山田ブラック錦などは表皮が薄ので、特に山田ブラック錦では斑なのか、表皮が部分的に薄くなったのか区別しにくい場合があります。また斑の部分が少ないと特に区別しにくいのですが、おおむねそのような部分が縦に線状に連なっていれば、斑だと考えてよいです。

Re: Re: ブラックオブツーサ錦  追加 - ハオルチア 初心者

2018/03/22 (Thu) 15:39:49

丁寧にありがとうございます!
綺麗な黄緑色であんなこ欲しいなーと思い質問させて頂きました。
桃色烏!みてみたいですー

ハオルシアの徒長について - はな

2018/03/05 (Mon) 11:55:41

初めて投稿させて頂きます。
実は、最近購入しましたハオルシアが
もしかしたら徒長しているかもしれないと思い
色々探しているのですが、これ!といった情報が見つからず
こちらにたどり着きました。

もし宜しければ、ハオルシアが徒長しているのか
もしそうであれば対策方法を教えて頂けたら幸いです。
突然の質問、本当に申し訳ありません。
宜しくお願いします。

Re: ハオルシアの徒長について - ハオルシア協会Web担当

2018/03/06 (Tue) 09:53:35

ご質問ありがとうございます。

こちらの品種は「ミルキークラウド」で、「ピリフェラ錦」等の通称で流通している場合もある物です。

全体が白斑入りで葉緑素のある部分が少ないため、非常に徒長し易く、写真の株は残念ながら明らかに徒長してしまっています。

対策としては、薄日の当たるもう少し明るい場所に移動して育ててみてください。半年ほどで長く伸びてしまった葉は株の下に回り、中心の成長点から新しい短かい葉が出て来て形が整います。

写真の、中心から3~4枚程度が通常の葉でそれ以外の外側の湾曲して薄くなった葉は徒長してしまったものです。

「ミルキークラウド ハオルチア」などで画像検索して頂ければ通常の姿の画像が上がって来ますのでご覧ください。

Re: Re: ハオルシアの徒長について - はな

2018/03/07 (Wed) 16:05:01

返信ありがとうございます‼
品種名まで教えていただいて感謝です。

やはり徒長なのですね。
今は無理に葉を整えたりせず
1年後位に、下葉に回ってきてから整えようと思います。
綺麗な個体になる様に頑張ります。

ありがとうございます。

無題 - haosyodaichi

2018/03/01 (Thu) 15:08:08

一覧が見れたので役に立ちました。有難うございました。
ただ、非独占的通常使用権のラベルが異常に高くはないですか?もっと安価にしてくれないと利益が出ません。

Re: 無題 - DMH

2018/03/06 (Tue) 23:13:06

一般売買契約のラベル価格が高いのは、商標権の侵害では損害の最低額が商標使用料金とされており(商標法第38条3)、侵害時の損害賠償請求に備えたものだからです。もし誰かが異なった品種で10件(10回)の侵害を行ったとする場合、損害賠償請求の最低額は2月20日付けブログの表1では3万円x10=30万円ですが、ラベルを例えば1枚千円としてしまうと千円x10=1万円が最低額になってしまいます。これでは裁判しても費用倒れになってしまいます。
 もっとも実際の損害賠償請求では侵害者が得た利益の額が損害額として認められますが、予備的に実効性のある最低額損害金額を確保するために、一般売買契約の1枚価格や10枚価格は高く設定してあります。

 もしあなたが趣味家で少量殖えたものを販売する際には、1枚や10枚単位のラベルを購入する必要はありません。この程度の数量ならラベルなしで売買してもまったく問題ありません。(ただし1本で20万円、または年合計で50万円を超えるような場合は事業者となりますからラベルが必要です)
 もしあなたが業者またはセミプロならミックスで100枚購入すれば10種類で19万円ですから、ラベル1枚1900円となります。商標はおおむね高額品を中心に登録してありますから、この程度の負担があっても十分利益は上がるでしょう。市価の状況で、もし1枚1900円のラベルでは利益が出ないという場合は別途事務局に相談してください。
 おそらく最も現実的なのは仲間で分担し合って10種類ミックスで100枚買うことでしょう。この場合、先に10万円払っていただければ、必要な品種が生じた都度、1万円を払って10枚単位でラベルを印刷してお渡しします。(ラベルは1種類印刷するのに2万円かかります)
 あるいは誰かが1000枚をミックスで買い、希望者に転売するという方法もあります。さらに独占契約では割安にラベルが買えますから、独占契約者から転売してもらうという手もあります。
 注意していただきたいのは、業者やセミプロの方の場合、販売する数量や金額に関係なく、たとえ1本売る場合でもラベルが必要になるという点です。1品種5本以下などの基準は一般趣味家の方が販売する場合の業者認定の基準ですが、業者の看板を掲げる方や栽培規模や販売実績から明らかにセミプロ(事業者)とみなされる方は1本でもラべルが必要です。また販売だけでなく、展示や広告でも承諾なし(ラベルなし)は商標法違反です。

 なお、商標登録された品種ではラベルの価格が最低価格になりますから、ラベルなしでそれより安くまとまった数量が売られているものは違反商品です。たとえば蜃気楼や雪国万象が中国で1本100円程度で売られているとしても、それを当会の許可なく輸入・販売することは商標法違反ですし、悪質な例ですから見つけ次第刑事告訴することになります。
 業として販売する際には当会の許諾ラベルが必要ですから、ラベルが1枚1000円なら、それがそれら品種を合法的に販売する場合の最低価格になります。
また中国の培養品には偽物やまがい物が非常に多いので、販売者の責任において商品が真正品であることを確認する必要があります。たまたま見かけた中国培養のオーロラは明らかに偽物で、スプリングボックブラケンシスも雑種でした(ヤフオクでも時々見かけます)。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.