日本ハオルシア協会

こちらの掲示板は協会のご案内やお知らせ、会員及び一般の方の交流の場としてご利用ください。
ハオルシアの種名、分類等に関する質問については会員限定とします。

投稿は承認後に公開されます。
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

(管理者の承認待ち)

2018/08/13 (Mon) 15:38:14

この投稿は管理者の承認待ちです

根の出し方 - おぶ

2018/07/24 (Tue) 13:56:07

カキコの苗で何ヵ月も根が出ない時のアドバイス宜しくお願い致します。

(管理者の承認待ち)

2018/08/12 (Sun) 14:38:30

この投稿は管理者の承認待ちです

玉扇について シェルスタ

2018/07/09 (Mon) 17:04:39

玉扇の品種名の有り無しについてです。

~玉扇に興味があり近年始めたばかりで、名前についてしどろもどろしています。よろしければアドバイスをください~

玉扇の名前には、有名なものがたくさんあります。品種名のようなものと認識していますが、例えばこれも有名で何某氏作出とか、でなければ特徴明記とか、たくさんあると思います。それに似たような感じでよくあるのが、玉扇トゥルンカーターです。最近気に入ったのがあり、その玉扇トゥルンカーターを購入したのですが、これは無名のよく出回っている玉扇と認識してかまわないでしょうか?
(他の無名やラベル落ちの玉扇とどう区別すればよいでしょうか?)

ハオルシアの中でも玉扇にすごく興味がありいずれは受粉から種を得て自分で実生してみたいのですが、こういう無銘の玉扇はどう取り扱えばいいでしょう。。

Re: 玉扇について - DMH

2018/07/17 (Tue) 15:59:02

玉扇に限らず、またハオルシアに限らず、品種に名前を付けるときに最も重要なのは、それまでにある品種や無名個体とどこが違うのかという点(識別性)です。類似の他品種や他個体と区別できなければそれは品種とは言えません。わかりやすいい基準で言えば「ラベルなしでもその品種名が判定できる」ということです。

この点では最近出回っている多くの玉扇、万象の“品種”は実は品種とは言えないレベルのものが大半です。例えばドラゴン万象を実生するとこれによく似た優良個体がたくさんできます。しかしこれら優良個体は線が白くて明瞭であっても、親のドラゴン万象や兄弟苗と区別できなければ品種とは言えません。したがってこれらは単に「ドラゴン万象実生」として扱われるべきものです。
もし必要なら「ドラゴン万象実生 AA―18―xx」などと整理番号を記して管理されることをお勧めします。この場合、AAは作出者の氏名や略号などで、18は実生した年=この例では2018年、の下2桁、xxは個体番号です。これら実生苗の内、成長して他と明瞭に識別できるほど特徴があると確認できる個体が出現したら、その時点で固有の品種名を付けます。

ご質問のように他から買ったものの扱いも同じで、何の番号も名前も付いていない無名個体ならば、ご自身の整理番号、例えば「AA-18-001」などを付けて管理されるとよいと思います。また何らかの番号がついていた場合は、そのラベルを捨てずに残しておくと、あとでその個体に品種名がつけられたときに同定する参考になります。

玉扇、万象は“品種名”の付いているものでも類似個体が多く、また大苗になって特徴が出てこないと識別できないものも多いので、中小苗では同定困難な場合が多いです。ラベルがついていなければ、よほど特徴のはっきりした品種でない限り、特に中小苗ではそれが単なる無名玉扇なのか、有名品種のラベル落ちなのか、区別することはできません。
したがってとりあえず。ご自分の整理番号をつけ、大きくなって特徴がはっきりして来たら、各地の同好会などでベテランの方に判定してもらうのがよいでしょう。

実生はハオルシア園芸で最も面白い分野です。気に入った親からたくさんの実生をして、素晴らしい新品種を作出されることを期待しています。

Re: 玉扇について シェルスタ

2018/07/19 (Thu) 13:01:35

回答ありがとうございます。

>…品種に名前を付けるときに最も重要なのは、それまでにある品種や無名個体とどこが違うのかという点(識別性)です。

>…「ドラゴン万象実生」として扱われるべきものです。
もし必要なら「ドラゴン万象実生 AA―18―xx」などと整理番号を記して管理されることをお勧めします。この場合、AAは作出者の氏名や略号などで、18は実生した年=この例では2018年、の下2桁、xxは個体番号です。これら実生苗の内、成長して他と明瞭に識別できるほど特徴があると確認できる個体が出現したら、その時点で固有の品種名を付けます。

>ご質問のように他から買ったものの扱いも同じで、何の番号も名前も付いていない無名個体ならば、ご自身の整理番号、例えば「AA-18-001」などを付けて管理されるとよいと思います。また何らかの番号がついていた場合は、そのラベルを捨てずに残しておくと、あとでその個体に品種名がつけられたときに同定する参考になります。

>玉扇、万象は“品種名”の付いているものでも類似個体が多く、また大苗になって特徴が出てこないと識別できないものも多いので、中小苗では同定困難な場合が多いです。ラベルがついていなければ、よほど特徴のはっきりした品種でない限り、特に中小苗ではそれが単なる無名玉扇なのか、有名品種のラベル落ちなのか、区別することはできません。
したがってとりあえず。ご自分の整理番号をつけ、大きくなって特徴がはっきりして来たら、各地の同好会などでベテランの方に判定してもらうのがよいでしょう。

~引用すみません。~

ラベルの記入の仕方など考え方とても参考になります!

実のところ、玉扇にとても興味があっても個体数はおろか、その個体の生育特徴すら手探りな状態です。栽培上有名な知識情報は、一定温度以下になったり/一定温度以上になる頃には、水やりを控えないとブニブニになり溶けてしまうまでになるということくらいを知っていて、しかし、ではどうすればうまく育てれれるか試行錯誤している最中です。素人栽培家です。ハオルシアの有性繁殖を繰り返そうなんて少しお調子者に思われるかもしれません。ハオルシアの生育期間を考えるとすごく壮大というか莫大な時間が費やされることは間違いありませんから。特に品種改良の分野、実生を行うと、必ず個体の選抜を行って優良個体を選定し、その繰り返しの中で、「特に優れた個体を品種に選定」されるよう手を尽くすのだと思っています。1度でダメでも2度3度ですね?

…と思っています。ちょっとまだはっきりとわかっていないところが多いハオルシアです。種類はともかくとして、特に玉扇は似た様なのが多い様な気もします。窓の違いとか…。しかしながら、そういう玉扇に興味を持てたことは幸いと思っています。

発現性や再現性などの話は耳が痛いものですが…。

これからもよい情報が載ることを期待しています。関門突破して、自分なりに玉扇に取り組みたいと思います。ありがとうございました!

商標について。 - IMAK

2018/05/16 (Wed) 01:36:31

お世話になっております。

ハオルシアの商標登録について質問があります。

現在商標登録されているハオルシアは作出者の意思を確認しあり、今後ハオルシア協会のラベルのあるハオルシアを買えば必ず作出者に利益が出るものとして理解してよろしいでしょうか?

また商標の一覧を確認したのですが原種の名前も登録されているのはどういう意図があるのでしょうか?

よろしくお願い致します。

Re: 商標について。 - ハオルシア協会Web担当

2018/05/21 (Mon) 10:33:14

ご質問ありがとうございます。

回答は本日ブログ記事としてUP致しますのでそちらをご覧ください。

Re: 商標について。 - IMAK

2018/05/23 (Wed) 01:26:52

返答ありがとうございます。
早速記事を読ませていたただきます。

青蛇伝 - 紫龍

2018/04/23 (Mon) 23:32:05

お世話になっております。
購入を検討していますが
今ヤフオクに出品されている、いわゆる白蛇伝芽替わり筋斑という青蛇伝の名前が付けられておりますがそれは品種登録された白蛇伝と関係あるでしょうか?

Re: 青蛇伝 - ハオルシア協会Web担当

2018/04/24 (Tue) 13:39:25

「青蛇伝」は「白蛇伝」の縞斑として2015年にハオルシア研究31号で発表された品種です。

ホームページのCultivars 1のページ
http://www.haworthia.net/cultivars.html)
にある「ハオルシア品種名追加リスト2018」からご確認頂けます。 

リストの直接のリンクは以下になりますのでご参照ください。
ハオルシア品種名追加リスト2018
http://www.haworthia.net/HaworthiaList2018.pdf

Re: 青蛇伝 - 紫龍

2018/04/24 (Tue) 23:09:29

ご返信ありがとうございました。とても助かりました。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.